2016年04月22日

New Release! "Her Weirdness."

2015秋のM3で出した新譜3タイトルを一挙Online Release!

"Her Weirdness."
CardiacTranceが普段作るジャンルとは微妙に外れている、実験的な曲が中心のアルバム。ネタ曲、変な曲も多い。詰まりはジャンル不明の四つ打ちのアソートアルバムである。

HerWeirdness_RN.jpg

iTunes Store
Bandcamp

トラック解説:
Track 1: Crawling Darkness
タイトルの和訳は『這い回る闇』。
ボコーダーで加工された不気味な声ネタの入るダークなTechno。闇が這い回ると言うのは、そのむかし、時差ボケによる睡眠障害の為に処方されたマ○スリーでドンギマリになってしまったCardiacTranceがmixiの日記に書き込んだうわ言である。シンセのウワモノなんかはMassiveで作ってますが、あまりMassiveらしくないサウンドだなと思います。

Track 2: Rooster Industry
地味だけど、このアルバムの中で一番真面目にテクノしている曲だと思います。ウワモノがニワトリの群れのように騒がしいので『Rooster Industry』(ニワトリ工場)と命名。ニワトリを生産している工場なのか、ニワトリが何かを生産している工場なのかは不明。

Track 3: Dirty Pink-Tech
同乗者がいる時に決して車で聴いてはいけないウッフンアッハンTechno。本人でさえも赤面してしまうのであまり聴かない。家族と一緒に住んでいるお友達もご注意。サンプラーでパッド叩いて『ウッフンアッハン』ボイスが出たら面白いと言う思い付きから出来上がってしまった曲。Massiveで作ったエロいベースラインと、Dirty Dutch HouseのようなFunnyなシンセリードがマッチしていると思います。

Track 4: Outerspace Hallucination
SFの要素が入ったMinimal Techno。イメージとしては宇宙で何かの実験をやっていて、被験者がサイケデリックなトランス状態に陥ってしまい、バイタルサインがやばくなって、立て直そうとオペレーター達が色々頑張っている感じです。SF映画だとよくあるシチュエーションですね。リズム隊に心音をfeatureしている事もあり、カテゴリ的にはメディカルテクノに分類されるとも言える曲です。

Track 5: Hyper Sidechain Me
すっかり定着したサイドチェインコンプ。クラブイベントに行って、ジャンルに関わらず、一度も聴かない事が珍しいほどポピュラーなエフェクトです。使われ過ぎていると感じるほどです。Hyper Sidechain Meは某ドキュメンタリー映画のタイトルのオマージュです。CardiacTranceとしては珍しく、ハードスタイルやトランスの要素が入った曲。

Track 6: Lamiktal and on and on
ベース含め、三角波から作った音色を多用した、全体的に柔らかい『奇麗目』Techno。曲名は某有名曲のタイトルを捩ったもの。テクノ好きな方は元ネタが分かるかもしれません。元ネタは鳥の名前だと思いますが。女性ボーカルの繰り返しも某曲をリスペクトしています。

Track 7: Perfusion Index -Hentai Mix-
『Sexy Techno Med School』収録曲 "Perfusion Index" の別バージョン。医療ドラマで有名(?)な台詞『先生!サチュレーションが下がってます!』をCardiacTranceが8拍毎に声色を変えて演技するコミカルな馬鹿ソング。この曲の録音でCardiacTranceは『先生!サチュレーションが下がってます!』と1000回は言ったらしい。2回ほど、本気で舌を噛んだらしい。バックで聞こえているビープ音はリアルタイムで録音したパルスオキシメーターの音で、CardiacTranceが2回、サチュレーションが40%台に下がるまで息を止めたらしい。しかも3テイクぐらい録ったらしい。身体を張ったと言う意味でも、馬鹿ソング。

posted by Yotsuchi Systems at 21:54| Comment(0) | リリース / Releases | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。