2016年04月22日

New Release! "Insane Geisha Dance"

2015秋のM3で出した新譜3タイトルを一挙Online Release!

"Insane Geisha Dance"
和楽器やガムランなど、オリエンタルなサウンドを四つ打ちクラブミュージックと融合させた『オリエンタルハウス』のEP。DJ zetuとの共作も収録。Oriental ChaosとNorimaki RollsについてはJAPONESQUE MUSIQUEさんからリリースされている為、当オンラインアルバムには未収録。

InsaneGeishaDance_RN_fixed.jpg

iTunes Store
Bandcamp

トラック解説:
Track 1: Island Geisha Dance
全体的に生音の多い、BPM遅めのゆったりとしたOriental House。本物の琴と三味線の音をサンプリングして使用しています。琴の演奏方法はポルタメントなど色々ある事を学びました。適当に弄っていても和音階が出るのが楽しい楽器でもあります。

Track 2: Island Cuisine
キック押せ押せでパーカッションとバリ島のガムランサウンドで畳み掛ける、割と展開の派手なオリエンタル&トロピカルなTech House。NHKの放送大学大学院の脳科学・社会学・情報学のプログラム『音楽・情報・脳』によると、ガムラン演奏には可聴域以上の周波数成分が多く含まれ、耳では感知は出来ませんが身体全体では感じており、強い陶酔感を与えるとの事です。ガムランの可聴域以上の音は普通のスピーカーでは再生不能なので、是非、生で聴いてみたいものです。

Track 3: Tokyo Utsushi
CardiacTranceとDJ zetuが共作したOriental House。パーカッションや口琴、神楽笛など生音の使用が多い。House寄りのトラックメイカーであるDJ zetuと、Techno寄りのCardiacTranceの両者のサウンドのバランスが取れている一曲。ブレイクには能の謡いを意識した声ネタが入り、幽玄で意外な展開となっている。能舞台は一度見に行った事がありますが、一種のミニマルミュージックだと思いました。四つ打ちとの相性は良いと思います。

Track 4: Insane Geisha Dance (Minimal Remix)
Track 01 "Insane Geisha Dance"のMinimal Remix。原曲とは対照的に、重いキックと、ひたすらストイックな反復が続く。原型は殆ど留めておらず、同じ琴のサンプルとリズムパターンを使っている程度である。パーカッションはNorimaki Rolls(未収録)にも使用した韓国の打楽器『チャンゴ』で、こちらも生の音を何パターンもサンプリングして使っています。

posted by Yotsuchi Systems at 22:38| Comment(0) | リリース / Releases | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。